在宅WEBライターで稼ぐ方法!ライティングの仕事の見つけ方をご紹介
スポンサーリンク

在宅のWEBライターは副業としてもピッタリですが、実際にどれくらい稼げるのかという疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

そんなWEBライターは、本業として取り組んでいるという人もいるくらいなので稼げるお仕事です。

スポンサーリンク

WEBライターで稼ぐための秘訣

WEBライターのお仕事で稼ぐために必要なのは「文才」だと思っている方、多いことでしょう。

「ライター」との名称なだけに、やはり文才が求められるかと思いますが、確かに文才はあるに越したことはないものの、文才以上に大切なことがあります。

それらが稼ぐために必要なものです。

「仕事としての」責任感

WEBライターのお仕事を「文章を書くのが好きだから」という理由で始める人は多いです。

一番の理由か、あるいはそれ以降かは別として、文章を書くのが苦手な人はWEBライターをとは考えないことでしょう。

しかし、WEBライターのお仕事はSNSに文章をアップロードするのとは訳が違います。

文章校正をという小難しい話ではなく、納期や相手の要望等に応えなければなりません。

その点では「好き勝手文章を書く」ではなく「求められている文章を書く」というお仕事になりますので、顔が見えない在宅のお仕事ではあってもきちんとしたコミュニケーションなど、責任感が求められます。

スケジューリング

WEBライターのお仕事は納期が定められています。

納期に関してはクライアントとの話し合い次第ですが、副業で取り組む方は納期には余裕を持たせた方が良いでしょう。

本業で何かが起きた際、WEBライターのお仕事に割ける時間が減少してしまいます。

ただ単に納期に間に合わないだけではなく、WEBライターとしての信頼を損ねることにもなりかねません。

余裕を持った納期設定と、それでも間に合わない時には早めの連絡。これらがとても大切になります。

分からないことは聞きましょう

WEBライターのお仕事と言っても様々です。

テキストファイルで入稿するものもあれば、指定のサイトにアップロードするタイプのものもあります。

また、クライアントによって書式、口調等、細かい指示が異なるだけにマニュアル等に目を通すのは当たり前ですし、分からないことがあれば積極的に質問すべきです。

分からないまま勝手な判断で記事を作成しても、無駄手間になってしまう可能性もあります。

WEBライターはスキルアップも可能

副業で取り組むことも可能なWEBライターですが、仕事をこなせば当然ですが「実績」になりますので、次第に高単価の案件もこなせるようになります。

つまり、効率よく稼ぐことができるようになります。

クラウドソーシングの場合、実績が大切

WEBライターといえばクラウドソーシングに多々仕事がありますが、これらのサービスを活用してのWEBライターのお仕事は、こなしたお仕事が実績になります。

どのようなお仕事であれ、数をこなせばそれだけ「しっかり仕事をする人」として判断されます。

思わぬ経験が役立つことも

WEBライターのお仕事では様々な記事が求められています。

時には思いもよらない経験が役立つ可能性もありますので、「自分なんかが」と思うことはありません。

経験も大切ですが、誰もがこなせるような簡単なお仕事からこなしていけば、信頼と経験を積み重ねることでWEBライターとして稼ぐことができます。

実績が更なる仕事を呼び込むことは多い

WEBライターもお仕事である以上、クライアントとしてはしっかりとした人間を選びたいものです。文才、キャリアも大切ですが、やはり「しっかり仕事をこなしてくれるのか」が大切です。

裏を返せば、文才やそれまでのキャリアに自信がないとしてもコツコツと実績を積み上げていけば稼げるようになるのがWEBライターのお仕事です。

クライアントとしては、いくら文才があったり魅力的なキャリアを持っていても、納期を守らず、連絡さえ寄越さないようなWEBライターとは仕事をしたくないのです。

控えたほうがいいクライアントの例

ライティングでしっかりと稼ぐのであればクライアント探しも大切になります。そこで、今回は控えた方が良いクライアントの例をいくつか挙げてみましょう。

トライアルが無料、あるいはやたらと安い

このようなクライアントは控えた方が無難です。

なぜなら、トライアルの記事を集めている業者の可能性があるからです。

そもそも、トライアルの合否基準などいわば相手の匙加減一つです。

明確なものがある訳ではないだけに、言葉は悪いですが「時間の無駄」になってしまう可能性が高いです。

実績のないクライアント

クラウドソーシング等の場合、クライアントも実績が明記されています。

実績がないのにやたらと高額な案件のお仕事を募集している場合、残念ながら本当に仕事を回してくれるかは不明です。

クライアントがWEBライターの実績を見るように、WEBライター側もクライアントの実績を見て信頼できる業者なのかを確認しておきましょう。

やたらと高額を提示しているクライアント

相場よりもかなり高い額の案件で募集をかけているクライアントは控えるべきとは言いませんが警戒した方が良いでしょう。
まず、単価の高い案件には多くの人が立候補するので自ずと倍率が高くなります。

更に、あまりにも相場よりも高い額の場合、クライアント側も様子見で本気で仕事を回そうとしていない可能性が高いです。
立候補だけであれば「被害」にはなりませんが、期待していても良い結果になることは稀ですので、あまり期待せずに案件に立候補するくらいのスタンスが良いでしょう。

ライティングの仕事はどうやって探せばいいの?

ライティングで副業するなら登録しておきたいサイト

WEBライターのお仕事はクラウドソーシング等、見つけるだけであればとても簡単です。

登録も無料の所が多いため、すぐにでも始めることができますので副業を探している人にもぴったりですが、仕事によってクライアントが異なります。あなたにあったサイトを見つけましょう。

まとめ

WEBライターは在宅でも手軽に取り組めるので副業としても取り組めますが、仕事である以上、やはり責任感が求められます。

その点を踏まえた上でWEBライターとして様々なお仕事にチャレンジしてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

副業の新着情報が得られる!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事