ついに副業解禁!大手企業が副業を許可する理由とは?
スポンサーリンク

昨今、副業に対する関心が高まっており、副業を始めてみたいと考えている人は少なくないでしょう。 そして日本企業の間で「副業解禁」の動きが広がってきています。とある大手銀行が兼業と副業を解禁しましたよね。

また、いくつもの大手企業がここ最近副業を解禁しており、ここへ来て一気に「副業」を認める会社が非常に目立ってきました。とはいえ現在のところ、副業を禁止している会社のほうがまだまだ圧倒的に多いのが現実です。

スポンサーリンク

副業解禁の広がり

ただ、ここ数年で副業NGが当たり前だった風潮に変化が起こり始めているのも事実です。

真面目な日本人の社会が少し柔らかくなってきているということなのでしょうか。

最近では厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」をまとめたほか、同省が示していた「モデル就業規則」から副業禁止の規定を削除したとのことです。従来は「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと」という規定が「モデル」として記載されていたがこれを削除し、「副業・兼業」という章を設けたようですね。

時代の流れとともに多様な働き方が認められるようになってきました。女性の働きやすい職場、子育てしやすい職場環境、男性の育児休暇なども時代の流れを感じますよね。

最近ではその一つとして、副業・兼業の解禁が本格的に進められたのでしょう。 ネットショップの運営やフリーマーケットアプリなどの広がりにより、ビジネスパーソンが副収入を得る方法はさまざまです。さて、一体どこからが副業と考えればいいのでしょうか。

副業をどの程度制限するのかは会社ごとに考え方が異なるかと思いますが、一般的な会社の就業規則において副業禁止の規定に抵触するのは、他社で勤務をする、自らが事業主として事業を行うといった労務提供型の副業でしょう。株式投資やFX、不動産投資のような不労所得型は、副業には該当しないと考えられていますね。

大手企業が副業を許可する理由

なぜ誰もが名前を聞いて分かるほどの大手企業たちが副業をOKしはじめているのでしょうか。その理由はいたってシンプルで、優秀な人材を確保する、またはその優秀な人材を逃がさないためというのが最も大きい理由です。

優秀な人材であればあるほど、様々なプロジェクトの誘いや会社を通さない形で直接仕事を依頼されることもあるからです。副業NGな企業だと、彼らも非常動きにくくなりますし、優秀だからこそその規則が窮屈に感じることでしょう。その結果副業がNGなら会社を辞めようかなと、より魅力的で自由度の高い企業に引き抜かれてしまうということが起こります。

優秀な人材の確保

これは企業にとって大きな痛手であり、損失でもあります。それならば、優秀な人材を組織に留めておくためにも、副業をOKした方がいいではないか、となる訳です。

本業以外に自身の事業などを持ち副業することで、起業家精神が大きくなり、向上心がよりあがり、スキルもより身につくので、人材が早く育つだけでなく、一つの企業の中でだけ働くよりも想像以上にその人自身が成長し、レベルアップしていくので、本業のほうも加速しよりよい人材へと変化をとげているといいます。

今の仕事に不満はないけど、何となく物足りなさを感じている人にオススメなのが、自分の好きなことをベースに副業を始めるという方法です。そうすることで副業は仕事という感覚ではなく、趣味としてできるから気持ち的にも栄養を与えてくれますよ。

女性におすすめ

とくに女性におすすめの副業はネットを使って、趣味や自分の特技など、自分の好きなことを世の中に発信することで収入を得るというものです。ブログやウェブサイトを開設し、自分の好きなことでブログを毎日更新するのです。

また、それをSNSなどでも発信したり、きたコメントはちゃんとこまめに返信するなどしてサイト閲覧者やフォロワー、つまりあなたの投稿のファンを増やします。

それから、アフィリエイト広告やオンラインストアなどで収入を得られるようになるといった仕組みを作る方法です。しかし、そう簡単にファンが増えるわけではありませんのであなたの努力次第と言えるでしょう。

最大のメリットは好きなことを自身で発信するため、楽しみながらできることです。だからこそ、副業というよりは趣味としてやることができるのです。

本業で好きな仕事がしたい、でもできていない、好きを仕事にするのは難しいなどと思っている人なら、やりたいことをすることがストレス発散や、人生の楽しみややりがいにつながるでしょう。

まとめ

しかし副業というと、特別なスキルや経験がないとできないとお思いかもしれませんが、よくパン屋に行く人は様々なパン屋を取り上げたり、毎日一人でランチに行く人なら、一人でも行きやすいお店を紹介したりしています。

共感できる人があなたのファンになるでしょう。この方法であれば特別なスキルや経験は必要なく、誰でもできるので、副業を解禁した会社にお勤めであれば、あなたのやる気さえあれば試すことができます。

スポンサーリンク

副業の新着情報が得られる!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事