話題のインスタグラマー!収入を得る仕組みを解説!
スポンサーリンク

「インスタグラム」「インスタ」「インスタグラマー」という言葉はもう社会に認知され、よく耳にする言葉だと思います。

国内でインスタグラムの利用者数は2000万人にも及び、特に女性の利用率が高いのが特徴です。最近では男性利用者も増えてきています。

インスタグラムを使って収入を得ているインスタグラマー。今回その収入の仕組みなどについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

インスタグラマーとは?

instagram

インスタグラマーとは、「フォロワー数が多く、影響力を持つ人のこと」を指します。似た言葉でYoutuberがあります。こちらも共通して、登録者数が多く影響力を持っているのが特徴です。

影響力を持っているので、インフルエンサーと言い換えることもできます。

インスタグラマーはフォロワー数が圧倒的に多いため、写真を1投稿するとたくさんのイイネなどが付きます。

また、何か特定の分野に詳しかったりと、専門性も持っているのも特徴の1つです。このようにフォロワー数が多く影響力を持っていると、1投稿に対して多くの人に対して影響を与えることができます。

有名人と同じで、発言などにとても影響力があります。このようにインスタグラマーは影響力を持ち、それを利用して収入を得ている人が多いのが特徴です。

次にその収入を得る仕組みを解説していきます。

インスタグラマーが収入を得る仕組みとは?

インスタグラムを使って収入を得る方法は以下の通りになります。

インスタグラムを使って収入を得る方法
    • 企業からの依頼による広告料
    • 写真販売
    • オリジナルのグッズ販売

企業からの依頼による広告料

これは具体的には、企業から依頼された商品などを身につけたり紹介することで広告料を得ることです。
フォロワー数が多く影響力を持っていれば、インスタグラマーの1投稿は一般人と比べものにならないくらいの閲覧数になります。

企業商品などのPRの手助けと言い換えるとわかりやすいと思います。
企業単体でPR活動をするよりも、フォロワー数が何千万人、何百万人いる人に拡散してもらった方が効果的ということです。

企業はこれをマーケティング手法として考え、インフルエンサー(影響力を持つ人の総称)を起用することが流行っています。インスタグラマーだけではなく、Youtuberも同じことが言えます。

写真販売

インスタグラマーの中には個人で撮影、加工した写真をメインに投稿している人がいます。

それが企業などに評価されたりすると販売することができます。企業だけでなく個人間でも販売可能です。

特にフォトグラファーや写真撮影が得意な人は、インスタグラムと相性が良いです。フォトグラファーにとってインスタグラムは必須のツールと言えます。

自分のオリジナルのグッズ販売

フォロワー数はファン数とだいたいイコールの関係になります。

ファンの数が多ければ販売しやすくなり、収入へ繋げることができます。オリジナルTシャツや、アクセサリーなどの商品を販売することが可能です。

自分がプロデューサーになり販売するという形です。もちろん、いきなり商品を作っても買ってくれる人がいなければ成り立ちません。

インスタグラムなどでフォロワー数を獲得すれば売りやすくなります。このようにSNSを利用して販売経路を拡大する戦略は今や必須となってきています。

有名インスタグラマーの収入

一般的に、フォロワー数×1円の広告料(1投稿あたり)が支払われると言われています。これはあくまで目安であって、企業との取引でその金額は変わると思います。

日本においてフォロワー数ランキングTOP3は、

1位 渡辺直美さん(約830万人)
2位 ROLA(ローラ)さん (約516万人)
3位 水原希子さん (約512万人)

となりますので、1投稿あたりの収入は、

渡辺直美さん→830万円
ROLAさん→516万円
水原希子さん→512万円

です。(※これはあくまで大よその値になります。)
それくらい影響力を持っているということになります。

インスタグラマーの3つの特徴

インスタグラマーは単に、投稿しているだけではありません。ちゃんと意識をした投稿をしています。

その特徴は以下の通りです。

インスタグラマーの3つの特徴
    • 見てくれるユーザー(フォロワー)を意識した投稿
    • 何か専門性を持たせている
    • こまめな投稿

ユーザー(フォロワー)を意識した投稿

自己満足な投稿をしていては、フォロワーが増えませんしフォロワーも満足しません。ユーザーは何かを求めて投稿を見たり、探したりします。

「何を求めて自分の投稿を見ているのか?」それをしっかり考え、投稿しているのがインスタグラマーの特徴です。

何か専門性を持たせる

インスタグラマーにはそれぞれの色・特徴があります。

インスタグラマーにはそれぞれの色・特徴の例
  • ファッション性が豊か
  • 料理写真を撮るのが上手い、もしくは綺麗な料理を作る
  • 風景の写真を撮るのが上手い

などの特徴があります。

ファッションならこの人、風景写真ならこの人。といった専門性がある人がインスタグラマーになっています。

投稿に統一性がないと「この人はどんな人なんだろう?」と思ってしまいます。

こまめな投稿

やはりこれは、インスタグラマーが1番気をつけていると思います。認知してもらうためには投稿数が必要です。フォローしているということは、投稿を楽しみにしている証拠なので頻度が高い投稿は大切になってきます。

それはユーザーの満足度にも繋がることなのです。

まとめ

インスタグラマーは最近世に認知されてきているので、これからもさらにインスタグラマーは増えるでしょう。

Youtuber代表するように、個人のスキルを活かし稼げる時代になってきています。それに伴ってタイアップする企業も増えてくるはずです。

そうなれば企業としても幅を利かせたPRができますし、インスタグラマーとしても嬉しいことです。

これからは企業×個人のタイアップが増えていき、インスタグラマーの存在も一役を担う存在になることでしょう。

スポンサーリンク

副業の新着情報が得られる!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事