空前の副業ブーム!知っておきたい副業のメリットや気をつけるべきこと
スポンサーリンク

日本では、働き方改革により空前の副業ブームが起きています。もし、毎月の収入が5万円増えたら、あなたは何をしますか。

収入が5万円アップしただけでも、生活にも少しゆとりが出てきて、今までお金が足りなくて我慢していた趣味を始められたり、美味しいものを食べることもできます。

会社の仕事で収入を5万円増やすのは難しいですが、副業で収入を5万円増やすのはさほど難しくはありません。

ブームに乗り遅れないためにも、サラリーマンにとって有意義な時間を活用できる副業をメリットとデメリットを交えながら紹介します。

スポンサーリンク

副業を始めることによるメリット

リスクを分散できる

みなさんは、「どこから収入を得ていますか?」と質問をすると、大抵の人は会社から給料と答えます。

それが当たり前だと思っている人も多いでしょう。

確かに、会社員のメリットは安定した収入が得られるので、それに集中するのは悪いことではありません。会社に対する忠誠心も高く、真面目に働くことは良いのですが、それに対してふとした疑問を抱くこともあるでしょう。

長時間労働が原因で、たった一度限りの命を落としたり、自分の貴重な時間を切り捨てるまでサービス残業が横行しています。また、日本は先進国でありながらも、有給休暇の取得率は低く、劣悪な環境で働かされ、身も心も疲れ果てている方も少なくありません。

そして日本の職場は、協調性を重視されるので、それに順応できない人は、たちまち職場内いじめやパワハラの対象にされてしまいがちです。

1日の中でも、仕事の占めるウエイトは高いので、長年同じ仕事を40年以上に渡って続けることは、容易ではないのが簡単に想像できます。最悪、それが原因で心身とともに調子を崩してしまい、長い間に渡って仕事を休んだり、辞めてしまう人もいます。

本業の収入以外に、副収入源があれば、リストラに遭ったり会社を辞めたくなっても、イキナリ収入がゼロにはならないのでリスク分散になります。

ワークライフバランスにピッタリ

今までは、「男は仕事」・「女は家事」が役割としても当たり前でしたが、終身雇用制度の崩壊によって、それは過去のものとなりました。

現代は、男女に関係なく、仕事や家事もしなければならない人が増えています。
副業のひとつの魅力は、基本的に働く場所に縛られません。毎日、嫌な顔を見せないで満員電車に揺られて、会社に出勤するサラリーマンやOLは尊敬に値します。しかし通勤時間が長くて、それが辛いなと感じたことはありませんか。特に東京などの大都市部で働いてるサラリーマンは、通勤に片道1時間以上かけているのが実情です。

そのためには、自分の時間を削ってまで朝早く起きないといけなく、結果的には家と会社と往復だけが、人生の大半を占めてしまいます。しかし副業であれば、その大半は自宅の中で完結できるので、結果的に家族と触れ合う時間が多くなります。もし、ある程度稼げるようになれば、極論を言うと週に5日会社に通わなくても済む働き方も夢の話ではありません。

日本では、サービス残業をしてまで働くのが美徳とされていますが、これほど無駄で生産性もない時間はありませんね。この時間を副業に活用できれば、収入も増え家族ともコミュニケーションが取れるので、むしろメリットの方が多いですね。

家族が副業に理解してくれれば、世帯の収入アップにもつながります。

自分のペースで働ける

副業の最大のメリットは、自分のライフスタイルに合った働き方ができることです。
ところが、サラリーマンとして働いていれば、時間や場所を制約され、それが会社の都合で決められてしまいます。

例えば月に30万円を稼げるようになるためには、管理職など責任を持った立場に昇進しなければなりません。ところが、それも会社の都合で決められるので、本人の努力だけでは到底叶いませんね。

しかし、副業で月6万円の収入源を5つ持っていれば、同じ30万円になります。月に6万円稼ぐのは、決して難しくはありません。

仮に勤めている会社が倒産したりリストラに遭えば、たちまち無収入なってしまいます。もしリストラに遭ってしまったら、再び正社員になれる可能性は、今の日本社会では限りなく厳しいでしょう。

けれどももし本業以外に複数の収入源があれば、働き方は正社員に拘らなくても構わないのです。もし再就職するとしても、何かしらの実績になる可能性があります。

結果的に自分に似合った働き方を実現できるようになります。

副業を始めるために気をつければならないこと

日本人は、勤勉でマジメであることから、仕事も一つののことに専念するのが良しとされています。しかも、周りの人と違うことをやると、ほぼ必ず「止めた方がいい」と言われるはずです。

その点は、独身ならあまり問題はありませんが、家庭持ちの場合であれば、他の家族の理解を得ておくことは必要ですね。
そこで、副業を始めるにあたっては、最低限気つけなければならないことをいくつか解説します。

勤めている会社の就業規則を確認する

副業を始めるにあたってのデメリットは、それが会社にバレてしまうリスクです。
働き方改革により、副業が認められている会社もありますが、それはほんの一部に過ぎなく、禁止されているのがまだまだ多いのが現状です。万が一会社にバレてしまった場合は、懲戒を受けることもあります。働いていた会社も例外ではありませんでしたが、今までに一度もバレたことはありませんでした。

会社にバレにくい副業

次に、そんな方たちのために、会社にバレにくいオススメな副業を紹介します。

クラウドソーシング

働き方改革のトレンドに乗っている、時間や場所を選ばなく自宅でも取り組めるので、会社にもバレずにできる副業です。
クラウドソーシングとは、「オンライン上で不特定者多数に仕事を発注する」のが主な特徴で、新しい働き方です。仕事の内容には、アプリ開発・ライティング・翻訳など多くのジャンルがあり、それぞれの得意分野を生かせるのが特徴的です。

隙アルバイトとは異なり、肉体的な疲労感が少ないので、サラリーマンに向けです。個人事業主としての働き方になるので、住民税が原因でそれが会社にバレてしまうことはありません。

稼いだお金は、所得が20万円以上になれば確定申告の必要が出てきますが、仕事をするために必要な経費(家賃・通信費・消耗品費など)は、収入から控除できます。

それはかなり広い範囲に渡って認められているので、結構稼いでいても、経費を差し引けば、所得税の支払いが非課税になることもあります。

それらの点から判断しても、サラリーマン向けの副業のひとつでもあります。

アンケートモニター

アンケートモニターとは、アンケートに答えると報酬がもらえるアルバイトです。その種類には、インターネット・サンプル・電話・会場調査などがあり、基本的に自宅でできる内容が大半を占めています。報酬については、アンケートの種類で異なりますが、通常月2,000~3,000円が相場です。

しかし、インターネット以外の調査に選ばれると、それがアップし会場調査では5,000円が相場で、単価が高いものもになると、10,000円を超えることも珍しくはありません。2つ以上のアンケートサイトで、長期モニターと数回のサンプル調査も取り組むなどすれば、20万円以上稼ぐことが可能です。

それには、配信される通常のインターネット調査をコツコツこなすことが基本になってきます。そのものの内容は難しくないので、通勤時間やお昼休みなどの時間を活用して、回答しましょう。

登録するサイトは多くても3つまでが理想的です。

副業データ入力

文字どおり、住所録や名刺などを指定されたテンプレに入力していくだけのお仕事で、シンプルなのが特徴です。あまり稼げないイメージがあると思われる方も多いかもしれませんが、初期費用も要らなく専門的知識がなくても、仕事できるのが最大のメリットです。室内で作業するので、移動する手間もなくとにかく楽チンな副業です。

今は、ひとつのカテゴリーの仕事として取り組んでいます。クラウドソーシングサービスを経由で仕事していますが、月単位の契約なので、仕事をすればお金が生まれるシンプルな仕組みの副業です。

これから副業を始める方へ

会社からの給料以外に副業で収入を得る時代へと流れが変わりました。

副業で収入が月に数万円増えるだけで、金銭的・精神的な余裕を手に入れることが可能になります。金銭的な理由で欲しいもの

ややりたいことを我慢する必要も少なくなります。もしもの時に備えて貯金しておくのも良いですね。こんな世の中なので、将来的に何が起こるか分かりません。

本業の収入がなかなか上がらなくても、副収入があれば貯金もできるようになるので、通帳の残高が増えていくのが嬉しくなるでしょう。

ブームに乗り遅れないためにも、今こそあなたに見合った副業を始めてみませんか。

スポンサーリンク

副業の新着情報が得られる!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事