副業にも向いている?テレワークが注目を集めている理由とは
スポンサーリンク

ネットの発達により、仕事の在り方そのものが大きく変わろうとしています。
かつて仕事といえば、まずは職場まで足を運ぶことが大前提でした。
そのため、住まいも「職場までのアクセス」こそ何よりも考慮しなければならないものでした。
いくら家賃が安いからとはいえ、職場からのアクセスが悪いところでは毎日の負担が大きなものになってしまうからです。
しかし、ネットの普及により、わざわざ職場まで足を運ぶ必要がなくなったジャンルも多々あります。
ネット環境さえあれば自宅や喫茶店など、どこででも仕事をこなせるのであれば、わざわざ出社してもらう必要性がありません。
いわゆる「テレワーク」と呼ばれているスタイルですが、テレワークは行政レベルでも推進されているため、今後さらに増えていくことが期待されています。

スポンサーリンク

テレワークとは

テレワークとは少々古めかしい表現ですが、単純に考えると「出社しない働き方」です。
先にもお伝えした通り、ネット環境さえあればどこででも仕事ができる働き方です。
メールはおろか、ネット会議さえ決してスマートフォンさえあれば個人でもできてしまう時代です。
かつて遠方とのリアルタイムでの会議は、大企業など資金力のある企業だけにしかできない設備投資でした。
しかしIT技術の発達により、スマートフォンさえあれば簡単に個人でもネットでの映像を通した通話が可能な時代です。
ましてやデータであればメールやクラウドサービスを活用することで、データの授受が簡単に行えます。
書類の場合、手渡ししなければならないものでしたがデータであればわざわざ手渡しする必要はありません。それこそ北海道に住んでいる人間が沖縄に住んでいる人間にデータを渡すことも何ら難しいことではありません。
もっと言えば、日本国内に限らず、世界中でデータの授受が可能である以上、データのやりとりがメインの企業は、わざわざ社員を出社させる必要性がありません。

テレワークに期待されていること

行政レベルでテレワークを推進している背景にあるのは、昨今の労働力不足解消の切り札になるのではと期待されているからです。
昨今、人が余っている産業の方が珍しいほど、どの産業に於いても人手不足が囁かれています。
しかし、テレワークであれば働けるという「層」があります。
それが子育て中の主婦です。
子育てはとても大変なものです。いつ子供に目をかけなければならないのか分からないだけに、「出社」というスタイルは難しいものです。
それでも働くとなれば保育所を探さなければなりませんので、子育て中の主婦にとって「働くこと」のハードルはとても高いです。
しかし、テレワークであれば自宅でも可能です。
常に子供に目を配らせながら、自宅での仕事が可能であれば「働きたいけど働けない」主婦が働けるようになり、労働力不足解消が期待されるのです。

テレワークに期待するもう一つの効果

行政がテレワークに期待する理由はまだあります。
それは「場所」という概念が関係ない点にあります。
分かりやすく言えば、出社する必要がありませんので、過疎化が進んでいる地方に住んだとしても仕事が可能です。
「都心回帰」とも言われているように、都心に住む人が増えているのは仕事のことを考慮しているからこそです。
仕事先への通勤を考えると、どうしても都心に近い方が良いのは言うまでもありません。
そのため、地方、郊外から都心部に人口が集中し、過疎化が加速している街もありますが、テレワークが普及すれば「出勤」という概念がなくなりますので会社の近くに住む必要性がなくなります。
また、通勤時間がなくなれば、ライフスタイルにも変化が生じます。
仮に往復で2時間必要であれば、テレワークを導入することで2時間分の「自由な時間」が手に入りますので、趣味に楽しむなど、消費の喚起としても期待されています。

テレワークは副業にも向いている

テレワークは副業でも可能です。
むしろ副業にぴったりな特性があると言えるでしょう。
そこで、なぜテレワークが副業にもぴったりなのか、理由をまとめてみました。

出社する必要がないからこそ

副業はいわば「空いた時間をお金にする」ものです。
しかし、どこかに出社しての副業の場合、移動時間も考慮しなければなりません。
例えば会社が終わるのが18時だとしても、移動の時間を考慮すると、「18時から副業は」事実上不可能です。
更には終電の時間までに帰宅しなければならないので、副業に割ける時間は案外短いものです。
しかしテレワークであれば、移動する必要がありません。
自宅はおろか、帰宅途中の喫茶店でもお仕事が可能なので、時間をより有効活用することが可能です。

仕事の負担が軽い

仕事の負担が軽い点も副業に向いている理由です。
「負担」とは、移動等を含めた身体への負担です。
テレワークではあっても仕事である以上、難しい物もあることでしょう。
しかし、テレワークであれば移動の手間が必要なく、時間を有効活用することができますので、従来の副業にありがちな「副業を頑張ったおかげで寝不足」になるリスクが低いです。
睡眠時間を削って副業をこなせば当然本業にも支障をきたすことになってしまいます。
本業での信用を損ねてしまったら、副業どころではありません。
それでも副業をと思ったら睡眠時間を削る以外に方法がありませんでした。
しかしテレワークであれば移動の時間軽減になりますし、あくまでも自分の働きたい時間に働けます。
従来の副業のように「19:00〜24:00」といった時間で区切られているわけではありませんので、体調が悪い時は翌日早く起きなければならない時には仕事を抑えめに、休日など余裕のある時にがっつりと。
このような働き方が可能です。

まとめ

テレワークはまさに「時代が求めている働き方」と言っても良いでしょう。
「働き場所」にこだわることなく働けるスタイルは、様々な人が求めているものです。
もしもですが、テレワークが今以上に普及すれば我が国の労働産業の構造、さらにはライフスタイル等、様々なものが変わるといっても過言ではありません。

スポンサーリンク

副業の新着情報が得られる!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事